忍者ブログ
HOME   »     »  感想:虫めづる 本の感想  »  感想:虫めづる
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .10.23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

赤卒文庫さんの140字SS集。
140字SS集なんだけどこれただの140字じゃないんですよ そう 虫!!!!!!!!!!!!!!!!
生物学徒(過去形とはいえ)一本釣り待ったなしでした。Twitterで宣伝が流れてきたのを見て買うわ(即決)した本の一つ。
自分は『彼』ほどじゃないですが標本箱が部屋に二つほどありますね……大きい方は6割位自作で小さい方は全部自作のはず。実習のですけど。
液浸もだいぶ処分してしまったけど今見たらヤマトイシノミだけは残してありました。同じ実習に2回行くくらいには好きでしたね(リベンジを果たせたのでイシノミ取っといてあるとも言う)

感想は例によってキレ芸人です。(語彙を失うとすぐキレる)



中身の方は(虫もかじった理系なので)そうなんだよな~~~~~~~~~~わかる~~~~~~~~~というのとああ~~~~~~~~~~~こいつら早く結婚して(天を仰ぐ)というのが同居し続けています。
群生相と孤独相わかるわ~~~~~~~~~からの砂糖 徹夜でアブラゼミの羽化観察するのわかりすぎてわかるわ~~~~~~~~~からの砂糖 どこ切り取っても虫と砂糖
ダビドサナエの名前を見かけてアアーーーーーーーーーーーーーーこいつ(実習の時に同定で)苦労させられたわーーーーーーーーーーーーーーーーからの 砂糖!!!!!!!!!!!!!!!!(ダビドサナエともう一種なんかの同定でたぶん幼虫の第○腹板だったと思うんだけどそこのトゲがするどいかするどくないかって分岐で当時マジギレしていました)
虫は知っている名前が多かったんですけど生態は結構知らないことのほうが多かったのでその点でもいい勉強というか驚きに包まれてそして砂糖。知識と砂糖を同時に摂取できてお手頃ってなかなかないんじゃないんですかね。おすすめです。

好きなのはダビドサナエ、アブラゼミ、ユスリカ、ヘアピン男子2、オオゴマダラあたりかな……
なんというか虫本(言い方)ではあるんだけど決して虫嫌いを跳ね除けないし、虫好きならそれはそれで楽しめるし、知らないことが多くても『彼』に説明してもらえるので楽しめるんですよね。知ってるとわかるわ~~~~~~~~からの砂糖パンチで死ぬ。俺は死んだ。
いや買って良かったです。次もあるなら買います(確信)
PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
プロフィール
HN:
紙箱みど
性別:
非公開
P R

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31